HOME特長適用工種工程組合せ設計手法・材料特性会員名簿
 
   インシチュフォーム(R)(Insituform(R))工法は、既設管内に熱硬化性樹脂を含浸したライナーバッグを水圧により反転、または引込にて挿入後、温水あるいは蒸気にて樹脂を硬化させ、既設管路の中にまったく新しい管路を構築する工法です。

 使用するライナーバッグは、柔軟性に富み既設管の形状にとらわれることなく、曲がった管路でも施工が容易です。さらに、耐久性・耐食性に優れているため管路の寿命を飛躍的に向上させることができます。

  本工法は1971年にイギリスで開発・施工されて以来、常に先進技術を導入し改良を加え、欧米をはじめ世界30か国以上で施工されています。
その優れた品質と高い信頼性で総布設延長は40,000kmを越え、世界で最も豊富な実績と歴史を持つグローバルな工法です。

   また、現在各種開発されている反転工法による埋設管路の更新更生工法のルーツ*でもあります。本工法は、下水・上水・農業用水・工業用水・排水など、あらゆる管路の更新更生に広く利用されています。

*1985年に公示されたイギリスの更新更生工法規格は、インシチュフォーム(R)がベースとなっています。

  日本には1986年に導入され、1991年には他工法に先駆けて日本下水道事業団の技術審査証明(現在の下水道新技術推進機構の技術審査証明)を、2004年には本管工法、2005年には部分補修工法の(公財)
日本下水道新技術機構の建設技術審査証明書を取得し、2007年には
形成工法、空気反転工法、蒸気硬化を加え、2010年にはノンスチレン
樹脂、2015年には、高強度ガラスライナーを追加、2017年には浸漬後
曲げ試験(新たな耐薬品性試験)の審査を行い、基準達成型の分類で
「更生工法のBタイプ:現場硬化管/自立管構造」となりました。

また、部分補修工法に関しては、「下水管きょの修繕工法LC工法」を2005年に取得済みです。

インシチュフォーム工法は、豊富な材料バリエーションにより下水・上水・
農業用水・工業用水など、あらゆる管路の更新更生に広く利用されています。



  建設技術審査証明報告書をご希望の方は、当協会事務局までご連絡頂きますようお願い致します。
「お問い合わせ」よりメール下さい。
 
   インシチュフォームInsituform(R)は、Insituform Technologies,Incの登録商標です。  
 

日本インシチュフォーム協会 事務局
〒141-0032 東京都品川区大崎1-5-1 大崎センタービル11階 TEL 03-6865-6900 FAX 03-6865-6901